やめて!そんなにされたら

とある○学院のスクール。絶えずもめごとばかりやる小さい男児と女。今日も、
「は?どうしておれがやんですよー」
「あんたが言いだしたんでしょーが」
「おれじゃねーし!」
「じゃあだえよっ!」
胸倉をつかんでもめごとする両者。そういった二人の延延の対話を見て、医師はため息を明かす。
「お前達なぁ。もめごとばかりで飽きんか?もめごとする程仲がいいとは言うが」
「「よくないっ!」」
――こういう両者、もめごとばかりやるが本当は意外と相互きらい合っているわけではない。ただ、お互いに考えが激しく、素直に慣れない人間それぞれなために、ふっともめごとしてしまうのだ。
しかも、亭主は、
「……(真意、どうなのかわからない。けどこのままじゃどっさりタブーになっていく……思い立ったが吉よね)」
ラブレターを書き、預かったという事で亭主、ゆーまに引き渡す物事に。しかし、
「は?い達ねーよ。普通、おめーといると勘違いされるんだよ。あそこいけ」
と冷たくあしらわれて仕舞う。確実にゆーまに嫌われていると決め込む。
しかし持ち越し、
「じゃ、じゃあおまえ、自分にチューできんのかよ……むりだろ!?」
とゆーまに言われ、たまたま咄嗟にチューしてしまい、両者はありのまま……
文献作品は達やるちゃんの作。
文献作品はフルカラーコミックで、TELwebで大人気の作だ。
ロリとショタのエッチを見たいならこの人!達やるちゃんの作で間違いなし!みたい太鼓判を押せるほど、安定した商標の連中ちゃんの作ですね。
文献作品は通常もめごとばかりやる幼馴染みの夫婦が主役。いつもの黒髪清純なロリがメジャーではなく、ブロンドでツインテの気の著しい女が主役。
「ねえ……私と……あれち……狙う?」
通常とは違う亭主の、メスのリプライの持ち味にとりつかれるとーま。当然ですね。依然カラダは子供な売り物の、いずれ有望なほどに整った顔立ち、形……そして今までとの相違。全部がスケベ過ぎます。
で、単に両者は口づけを改めてし、してしまうんです。
「やっべー。すっげーかわいいっ。フェチ過ぎてやめらんねえよっ」
しまくる両者。その果てに……。
文献作品は全編フル色というのも良いですね。それでいてゼロ巻にまとまっているので、読みやすい数量で、更に値段も一本分け前なので非常に安いです。
ロリがフェチなら善悪!そう当てはまる作ですよ。
とりわけ、善悪一度、モデルを読んでみてください!後悔しない質だ!
和歌山県の不倫調査