証言台で被告に痴漢された女

通勤中の満員電車で嫌な気分のアパレルショップ店員の加藤奈津美(24歳)はいつものすし詰め状態で憂鬱な気分であった。

だがそんな時に体が小刻みに震えて顔が紅潮しながらも必死に我慢している様子の女性を発見したのであった。具合でも悪いのかと様子をうかがう奈津美。

しかし女性は気分が悪いのではなく、中年男性から痴漢を受けていたのであった。そしてそれを見て許せなかった奈津美は男の手を掴んで捕えたのであった。

だが男は一切痴漢をしていたという事実を認めずに、結局裁判へと発展していったのである。そして裁判当日になり、被害者女性は精神的なダメージで出廷してこなかったのだ。

男の痴漢を証明できるのは奈津美だけなのであったが、男の弁護士が突然痴漢の再現を行うと言い始めて、奈津美が男から証言台であの時と同じように痴漢をされ始めていく・・・。

なんとも面白いアイデアの作品が登場です。痴漢の裁判で、証人の女性が痴漢の男から堂々と証言台の上で凌辱されていくんです!

痴漢の裁判といったら、普通は実演しても直接被告が証人を触る事などありませんよね。でもこの作品では痴漢シーンをそのまま再現していくんですね。

しかも被害者は出廷してこないので、唯一の証人である奈津美が被告の男から公衆の面前で堂々と痴漢をうけてイカされそうになってしまいます!

奈津美の証言通りに男がオッパイを揉んで、アソコを舐めて指を突っ込んでと、もうヤリたい放題になっちゃってます。そしてイカされないように必死に堪えるんですが・・・。

それにしてもこんなエロい痴漢裁判になると是非傍聴したいものです(笑)。奈津美は痴漢の男にイカされてしまうのかどうかを是非ともその目で確認してみてください。かなり面白い展開になってますよ♪
秋田県 出会い